診療のご案内

受診時まず受付をしていただき、眼科の基本である視力検査、眼圧検査を受けていただきます。その後、診察室で下記の症状を診察し治療方針を決定します。

診療内容

  • メガネ・コンタクトレンズの作成
    近視、遠視、乱視
  • 斜視、弱視
  • 眼精疲労
  • ドライアイ
  • 涙嚢炎、鼻涙管狭窄症、鼻涙管閉塞症
  • 化学外傷
    消石灰、セメント、生コンクリート、バッテリーの液など
  • 眼球打撲
  • 結膜疾患
    結膜炎(流行性結膜炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性結膜炎など)翼状片、結膜異物、結膜フリクテン、瞼裂斑、結膜腫瘍
  • 眼瞼疾患
    睫毛乱生、眼瞼内反・外反、麦粒腫(ものもらい)、霰粒腫、眼瞼腫瘍、マイボーム腺梗塞、眼瞼腫瘍
  • 角膜疾患
    角膜感染症(角膜上皮障害、実質瞼裂斑、内皮障害)角膜異物、円錐角膜、水泡性角膜症
  • ぶどう膜炎
    サルコイドーシス、ベーチェット病、原田氏病など
  • 白内障
    先天性白内障、アトピー性白内障、老人性白内障、ステロイド白内障
  • 緑内障
    正常眼圧緑内障、開放隅角緑内障、閉塞・狭隅角緑内障、偽落屑緑内障、ステロイド緑内障
  • 網膜疾患
    網膜剥離、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、中心性漿液性網脈絡膜症、黄斑円孔、黄斑部網膜上膜形成症、加齢黄斑症

診察室のモニターで症状の説明を行い、検査室で必要に応じて下記の検査を行います。

診察室

視力検査室

暗室(検査室)

検査名 検査器具
視力検査 視力検査表、フラットパネルチャート(コントラスト視力表、worth4灯、他の斜視検査などを含む)
眼圧測定 ゴールドマン圧平眼圧計、シェツ眼圧計、非接触性眼圧計(測定方法は簡単で患者さんの負担は軽くて済みます)、トノペン(座っていても、寝ていても測れる眼圧計)
視野検査 ゴールドマン動的視野計、オクトパス静的視野計
複視検査・眼筋検査 ヘスチャート、プリズム
白内障検査 眼軸長測定(白内障手術の人工レンズ測定)、角膜内皮細胞測定(細胞数が少ないと白内障術後に水泡性角膜症を生じ失明することがあります)
網膜疾患 光干渉断層計OCT(今まで肉眼では捉えられなかった網膜疾患を発見できます)、網膜電位図計ERG、超音波断層装置、眼底写真撮影、蛍光眼底造影
色覚検査 石原式色覚検査表、SPP(色盲検査表)、パネルD-15(15色のパネルを色の近い順に並べ色覚異常の程度を把握します)

このような器具を使用し症状を把握しています。

眼底検査を受けられる方へ

眼の奥の病気が疑われる場合には、目薬で瞳を開く検査(散瞳検査)を行います。
薬が効いている間(4~5時間)はぼやけて見えづらくなったり眩しく感じたりしますので、車やバイクをご自身で運転してのご来院は避けて下さい。

コンタクトレンズの処方を希望される方へ

検査の都合上、
なるべく受付時間終了の30分前までにご来院いただきますようお願いいたします。
但し、 初めて受診される方期間が空いて受診される方度数を変更される方
上記の方は検査の都合上、なるべく受付時間終了の1時間前までにご来院いただきますようお願いいたします。
受付時間等ご不明な点はお電話にてお問い合わせ下さい。